失った惑星のデェヤ[新着情報!]ファッタとリュティーツィーヤ

ファッタ(月)とリュティーツィーヤ(月)の情報を見逃してはダメでした

156、000年前大戦争のため火星の次の惑星だったデェヤ(惑星・火星の次にあった)を潰されてしまった記事を書いたんですが、もっと詳しい新しい情報が入ってきました!

前回デェヤについての記事です

デェヤの話

昨日もう一度私たちの太陽系の情報とウェーダーを調べたところ、見逃してしまった情報を発見しました!大戦争でつぶされてしまったのはデェヤの一つの月です。

デェヤには月が2つありました。

  1. リュティーツィーヤ
  2. ファッタ

えっ?!ファッタって地球の月じゃなかったの?

いえいえ、もともとファッタがデェヤの月でした!

156、000年前にデェヤを狙っていた敵は、攻撃する前にデェヤの月(リュティーツィーヤ)に到着して、攻撃の準備を勧めていきました、デェヤに住んでいた人々は、それを気付き助けを呼びました。

仲間の力と技術を使いデェヤを別の太陽系へ移動

惑星を丸ごとで移動させるってすごくないですか?!!

ファッタを地球に移動してリュティーツィーヤを敵ごと爆発させたそうです!

武器はとっても強力なため、火星の大気の一部を爆風で吹き飛ばしてしまった、火星に住んでいた人類は一部地球に移住し、残りの人々は地下街へ移住しました。

今でも火星の地下にいるのかな?

これで地球は三つの月を持つことになった

  1. レーリャ
  2. メシャツ(今の月)
  3. ファッタ

というわけで、デェヤの人は無事だったようでよかった!

第一大洪水

リュティーツィーヤを敵と共につぶしましたが、敵が諦めません!

116、000年前 地球を滅ぼす目的でレーリャに到着

ウェーダーではのようなことが書いてあります

あなたたち地球に昔から平和で暮らしています

ウェーダーを読んで昔の戦争のこと知りながら

地球は平和であるため地球の人は大洪水で代償を払いました

あの大洪水を月の水が起こしました

月の水は空から地球ににじの様に降りてきました

月が割れて水と共に地球に隕石が落ちてきました

調べ続く増すので、情報が手に入り次第また紹介いたします。

よろしくお願いします!

コメントを残す