恐竜は人間と同じ時代に住んでいました?人間とどんな関係でした?

恐竜達は人間のことを知っていました

私たちは恐竜のことをどのぐらい知っているでしょうか?

「大昔 地球に住んでいた恐ろしい大きな生き物」

「恐竜の絶滅後に人間は誕生した」

「恐竜と人間が同じ時代に住むことは無理」と言う感じでしょうか

しかし、あるものを見ると・・・意外な考えがでてきます・・・

恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物の分類群の一つである。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した(アラモサウルスなどの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜、首長竜、魚竜などは恐竜には含まれない(ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは姉妹群にあたる。首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である)。 WIKIより抜粋

メキシコのフィギュア

アカンバロの恐竜のフィギュア

1945年7月、ドイツ人実業家ワルデマール・ユルスルート(en:Waldemar Julsrud)がアカンバロの町外れにある通称「牡牛山(ブルマウンテン)」の麓で奇妙な土器を発見。

ユルスルートは考古学的な調査が行われる事を期待していたが、考古学者チャールズ・ディ・ペソ(en:Charles C. Di Peso)によって捏造との指摘を受けた事に落胆し、1952年を境に土偶の収集を中止した。

しかし、ユルスルートの友人であった地質学者チャールズ・ハプグット(en:Charles Hapgood)教授(当時、ニューハンプシャー州キーン州立大)は1968年、土偶のサンプルを三種類用意してニュージャージー州の年代測定専門会社の研究所に調査を依頼し、C14法(ベータ線計数法)で測定したところ、紀元前1000年から紀元前4000年という結果が出たとされる。

アカンバロから発掘された恐竜土偶は、多数存在する土偶の中からたまたま恐竜に似ていたものを選び出して問題にしているだけではないかとの指摘もある。恐竜は6500万年前に絶滅しており、人類と共存した時期はない。そのため恐竜を模した土偶がどのようにして作られたのかが議論の対象となっており、紀元前に恐竜の化石や爬虫類を観察して創造されたという説、更には人類と恐竜が共存した時代があったという説などを唱える人もいる。

では、フィギュアをよく見てみましょう!

人が恐竜に乗っている

  1. 人が恐竜を抱っこしてる
  2. 恐竜が女性に用があるらしい
  3. ノーコメント

のるのかな?お世話するのかな?

イカの石

 

もう一つの証拠

カブレラ・ストーン(英: Cabrera Stones)は、南米ペルーの内科医ハビエル・カブレラ(西: Javier Cabrera)が所有する1万5,000点以上にわたる彫刻石のコレクションのことを示す。石の中には恐竜と人間が共存するかのような絵もあり、オーパーツといわれた。別名、イカ (Ica) の石とも呼ばれる。

 

イカの石は偽物と言う人が多いんですが、ここはちょっと考えてみましょう!

イカの石は1960・70・80年代にブラック市場でもう既に販売されていました、石に描かれていた恐竜のステゴサウルスの背中に▲のプレート?がありました

ステゴサウルス(学名:Stegosaurus)は、ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて、現在の北米(Stegosaurus armatusS. mjosi)と中国(S. homeheni)に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも最も有名な属の1つである。WIKIより

しかし、学者たちがこの▲のプレートがステゴサウルスの背中にあったことを1990年にやっと発見したと発表した・・・

ほら、人が恐竜の背中にのっています!

イカの石に恐竜だけではなく、宇宙船、惑星や星が描いてあります

左下を見ると望遠鏡を使って夜空を見る人の姿が描いてあります

南米のフィギュアや石の話はおいといて 次の証拠を探してみましょう!

化石

テキサス州1969年 スタン・テイラーがパルクシー川の近くに足跡を発見。

ショベルカーを使って少しづつ足跡を発掘していった

発掘したら皆が言葉を失った・・・

人間の足跡のすぐそばに恐竜の足跡があったからです

足跡が残っている地面は1億年前に固まっちゃった!ということで 1億年前に誰かがこの地面を恐竜と共に歩いていたということでしょう

ドラゴンと勇者

ナイルモザイク

ナイル川 エジプト プトレマイオス時代

プトレマイオス朝は、古代エジプトのヘレニズム国家の一つ(紀元前306年 – 紀元前30年)。アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の死後、部下であったプトレマイオス(マケドニア出身のマケドニア人)が創始した。首都はアレクサンドリアに置かれた。WIKIより

モザイクに書いてあるのは「КРОКОДИЛОПАРДАЛИС」(古代文字)ヒョウワニ という意味

まだ生き残っていた恐竜のことでしょう!

もう一枚です

次のものはメソポタミアで発見されたものです

およそ 5000年前に作られたシリンダーとプレート

シリンダーに描かれてるのはアパトサウルスじゃないですか?

間違いない、アパトサウルスです!

最後は「Bestiarum vocabulum」(動物寓意譚)からの画像を紹介したいと思います。

動物寓意譚(どうぶつぐういたん、英語 : Bestiary, フランス語 : Bestiaire, ラテン語 : Bestiarum vocabulum)は、12 – 13世紀のイングランドやフランスを中心にヨーロッパで広く流布していた動物寓意集(ベスティアリ、Bestiary)の総称である。様々な動物、鳥、魚、植物、鉱物の特徴や習性とキリスト教的教訓とを結びつけ、そこに寓意や諷刺を込めた内容となっている。

中世ヨーロッパ、ドラゴンと戦う勇者・・・

ドラゴンって本当にいたのか?

ドラゴンではなく、生き残った恐竜でした!

信じるかどうかはあなた次第です・・・

コメントを残す