昔の人達は宇宙船のこと知っていました!?その証拠はすぐそばにある!

昔の宇宙船

ご訪問ありがとうございます!今回は昔の人々の高レベルな技術に関して、残っている証拠についてお話ししたいと思います。約2000年前までは人間が宇宙に自由に飛んでいたのか?宇宙船で地球に訪問した者をよく見かけていたのか?

キリスト教

写真をよく見てください、絵に写っているのは・・・飛行機?宇宙船?電気さえない時代の絵に空を飛べる機器が描かれています!

コソボ デチャニ修道院

デチャニ修道院Манастир Високи Дечани, Manastir Visoki Dečani)は、2008年2月にセルビアから独立したコソボにあるセルビア正教会の巨大修道院である。ペーチ(ペーヤ)の南12kmに位置する。修道院内の大聖堂は、ビザンチン美術における現存最大のフレスコ画が残る、中世に建てられたものとしてはバルカン半島最大の教会堂である。

こちらのフィギュアはどうですか?

ツスピー村(トルコ)約2千年前の物と思われています

テオティワカンのフィギュア UFO じゃん!

テオティワカン (ナワトル語: Teōtīhuacān、スペイン語: Teotihuacan) とは、メキシコの首都メキシコシティ北東約50キロの地点にあり、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡[1][2]。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇り、メソアメリカの中心的都市として機能していた。

ロマの絵に描かれたUFO 2200年前(2017年の時点)

カルロ・クリヴェッリ  The Annunciation, with Saint Emidius 1486年の絵

ヴェネツィア生まれ[1]。師は不明。15世紀に流行したパドヴァ派の工房の系統の画家と推測される。金箔を施した黄金地のパネルに明澄な色彩で描かれた祭壇画は、ビザンティン美術風の流れを汲む豪奢さにあふれている。古典主義的だが気品のあるフォルムは精緻を極め、聖人画ではあるが高貴なエロティシズムが画面に満ちている。 この時代、人物ごとに個別のパネルに描く祭壇画(多翼祭壇画)は主流では無くなっていたが、後年までこの伝統的なヴェネツィアパドヴァ・タイプの構成や装飾手法で描き続けた。画業への評価は高く、1490年にナポリ公から騎士の称号を得たとの記述が残る。

19世紀初頭までは殆どの祭壇画は元の場所にあったと考えられているが、ナポレオンの侵攻とイタリア統一の混乱により取り外され、世界中に散逸した。現在では、運よく残された僅かな作品が一部の礼拝堂に存在するのみである。

よく見てください、UFOが写っています!女の子に何かの情報を伝えてるかもしれません・・・

コメントを残す