大洪水(だいこうずい)の証拠と失われた技術

大洪水

大洪水(だいこうずい)とはしばしば、天誅として文明を破壊するために神々によって起こされたとする神話・伝説上の洪水を指す。

大洪水(洪水神話、洪水伝説)は、世界の諸神話に共通して見られるテーマであり、聖書(旧約聖書)『創世記』のノアやノアの方舟、インド神話、ヒンドゥー教のプラーナのマツヤ、ギリシャ神話のデウカリオーン、および『ギルガメシュ叙事詩』のウトナピシュティムの物語は、よく知られた神話である。過去現在の世界の文化のうち大部分が、古い文明を壊滅させる「大洪水」物語を有している。

WIKIより

約13026年前の出来事(2017年の時点)

*シベリアで発見した金とプラチナのプレートに記録されていた事は以下の通りです

地球にはまだ二つの月がありました

大戦争で1個はつぶされてしまって地球に墜落しました

海に落ちたため大津波が発生

波が地球を2周まわった

 

プレートについても少しづつ書きますのでお付き合いください

ちなみに中国やインドの物語にも同じことが書かれています

技術を失った人類

大津波は2周もしたため生き残った人間たちはすべての技術を失ってしまった・・・ほぼゼロからこの世界を育てていかないといけなかった

1800年代の絵を見ると失った技術のレベルが良く分かります

もう一つのものに注目したいと思います。これはピラミッドです!ヨーロッパの絵にピラミッドが写っています

1800年代の絵

ザン・クリストフ ミウィリ(海岸の廃墟)

絵にはピラミッドが描かれています

そして、廃墟の中にうろうろする人たち

テーブルクロスを着ている人たちがこんなに立派な建物建てられると思いますか?しかも壊れているのにそこで住んでいる?

次はジョヴァンニ・パオロパニーニの絵を紹介したいと思います

この絵は1800年代の絵です、よく覚えてください!

こちらもピラミッドと廃墟

そして、どう見てもこういうものを建てられるほどの技術のレベル高い人じゃなさそう

次行きましょう

ステラ発見!あら、後ろにまたピラミッド・・・コロッセオも写ってるじゃないですか?

瓦礫生活をする人たちが建物を復旧出来ないですね

技術を失ってしまってるから・・・

間違いない、エジプトの漢字・・・

ここが問題!

ピラミッドとステラはどうやってこの絵に写ったのか?

だってジョヴァンニ・パオロパニーニがピラミッドとステラの発見の7年前にいなくなりました・・・

学校で教えてる歴史って嘘ばっかり・・・

今の話をもっと詳しく書いていきますのでお付き合いください

コメントを残す