私たちが住んでいる世界が超不思議と思ったりしませんか?

この世界に生まれてきたことを不思議に思いませんか?

私たちが生きている世界を知りたくて、数年かけて色々調べてみした。この世界って、まだまだわからない事が多いと思いますよね!

自分は自分

「生まれる世界を選べるのかな?僕は何で僕で生まれたのかな?」と思わない方いないと思います

「私は私」

自分、この自分はどこにあるでしょう?脳?それか魂?魂はいったいどこにあるの?頭の中?胸の中?おなかの中?

この問題に答えるのは不可能ではありません、説明は難しいかもしれないけど答えるのは不可能ではありません。

僕が知ってる限り説明をさせていただきたいと思います。

エネルギーはこの世界のすべてである

私たち生きている世界はエネルギーでできています。エネルギーはいろんな形になっています、エネルギーの厚さや薄さによって感じることができたり、できなかったりするものです。

空気はエネルギー、木はエネルギー、石もエネルギーそして、体も魂もエネルギーです。魂はかなり薄いエネルギーですが、感じないほどではない魂は鳩尾(みぞおち)の少し上にあります。喜ぶとき悲しむ時によく感じていますね。

「では、自分が魂だったら脳は何?」

脳は通信機.

体でゆうならば服です。

魂は薄いエネルギーの世界のものですから、私たちが現在の世界にいるために、そういう服が必要なのです。宇宙飛行士が宇宙に出るために、宇宙服を着ると同じことです。

「何で服(体)は肉と骨でできてるの?」

何ででしょうね?まずは考え方を変えないといけないのです!ロボットを想像してみてください、ロボットは体があって通信機とCPU(脳)もあります。そして、ロボットの魂はプログラムですよね。プログラムがないと動けません、人間も一緒です!ちゃんと動くため脳と体と魂は必要です。

ちなみに「石にでも魂はあるんです・・・」(諺)

ということは、【自分】魂ですが、この世界に魂と脳と体が同期している為、自分が自分として感じています。

この記事を読んですぐわかると思いませんが、今後書いていく記事とつながりますので覚えておいてください。少しづつこの世界を分かるようになります。

コメントを残す