私たちの太陽系の失われた惑星「デェヤ」は火星の次にあった

火星と木星の間にあった惑星

太陽系にある惑星9つそれか27?

9でしょう?

  1. 水星
  2. 金星
  3. 地球
  4. 火星
  5. 木星
  6. 土星
  7. 天皇
  8. 海王星
  9. 冥王星(今外れてますが)

でも本当に9つなのでしょうか?大昔のデータを見てみましょう

太陽系(たいようけい、英語:Solar System[1]、ラテン語:systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および太陽の周囲を公転する天体(惑星系)と微粒子、さらに太陽活動が環境を決定する主要因となる空間から構成される領域をいう。

太陽の周囲を公転する天体には、現在確認されているだけで8個の惑星、5個の準惑星、多数の太陽系小天体がある。太陽系のうち、地球型惑星である火星が位置するまでの領域を内太陽系、それより外側の領域を外太陽系と呼称する場合がある。

太陽系小天体には小惑星、太陽系外縁天体(ただし外縁天体のうちの冥王星型天体は準惑星に含まれる)、彗星、惑星間塵などがある。惑星や準惑星、太陽系小天体にはその周囲を公転する衛星や環を持つものもある。wikiより

ウェダーや大昔の記録によると (2017年の時点) 156000年前に火星と木星の間にあった惑星を大戦でつぶしてしまった••• 惑星が小惑星帯になってしまいました

その惑星の名前は「デェヤ」でした

昔のデータによるとデェヤには人間がすんでいました

小惑星帯(しょうわくせいたい、アステロイドベルト、英語: asteroid belt)は、太陽系の中で火星と木星の間にある小惑星の軌道が集中している領域を指す言葉である。ほかの小惑星集中地域に対して、それらが小惑星帯と呼ばれるようになるかもしれないと考えられるようになったころから、区別のためにメインベルト (main belt) とも呼称されている。wikiより

じゃ、デェヤを入れたら太陽系の惑星は10個でしょう?

実は10個じゃなかった!

昔のデータや物語に27個の惑星の説明があります

次回はその物語やデータを紹介したいと思いますので、お付き合いください。

コメントを残す