【アーネンエルベ】アドルフ・ヒトラーの最も秘密な部隊

アーネンエルベの探し物

世界第二次世界大戦の前からアーネンエルベは全世界を回って霊性(スピリチュアル)の情報を集めていました。ヒマラヤ山脈・チベット・カフカス山脈・南極大陸まで情報を探しに行って見つけられたものをすべて秘密にしました。

一体何を見つけたのか?

霊性(れいせい、れいしょう)は、非常にすぐれた性質や超人的な力能をもつ不思議な性質、天賦の聡明さといった意味の漢語であり、肉体に対する霊の意味でも用いられる。また、英語: spirituality、ラテン語: spiritualitas の訳語でもあり、スピリチュアリティとも訳され、宗教心のあり方、特にカトリック教会などでの敬虔や信仰などの内実やその伝統を指す。カトリック神学用語としての霊性の起源は5世紀に遡るが、神学用語として積極的に用いられるようになったのは20世紀初めのことである。その後、キリスト教用語の枠を越えて広く宗教用語や一般文化用語として用いられている。

アーネンエルベ (Ahnenerbe) は、ナチス・ドイツの公的研究機関。アーリア人種の人種学や歴史学の研究を行うことを目的として、親衛隊の全国指導者であったハインリヒ・ヒムラーらによって1935年に設立された。先史時代や神話時代の「北欧人種」が世界を支配していたことを証明するための様々な研究活動を行っていた。WIKIより抜粋

エンジニアリングの上達

アーネンエルベの隊員たちがどんどん情報を集めてエンジニアリングの技術を磨いています。

霊性でしょう?なぜエンジニアリングの話になるの?

アーネンエルベは霊性情報・昔のテキスト・本・アーティファクトなど探して集めていましたですがその中に人間たちが失った技術の説明が書いてあったからです!

カフカス・シベリア・チベット・インド・米国など昔の技術の情報は沢山あります

例えば

ヴィマニカ・シャストラ(वैमानिक शास्त्र、シャストラは専門知識を意味する)は、20世紀初頭に記された航空技術に関するサンスクリット語の文献である。これによれば古代サンスクリット語の叙事詩に現れるヴィマナは高度な空気力学を利用した、例えばロケットのような航空機であるとされている。

WIKIより

アーネンエルベは飛行機より凄い乗り物を作れるとよくわかっていました、そのために情報を集めて作り始めました。1942年に戦争が起こらなかったら、今は私たちはこんな乗り物乗っていたかもしれません。

シベリアの記録プレートにもこういう情報沢山書いてありますが、読めても作れないかも・・・

前回ゲートについて一言を書きましたが覚えてらっしゃるでしょうか?

記録プレート(ウェーダー)にはゲートの使い方や作り方が書いてあります。使い方は分かっていますが、作り方はちょっと・・・ゲートの素材の名分かりません

例えば:「ザルビン」って言う(宝石かな?)ものを使わないといけない

でも、この「ザルビン」っていったい何?これが分からないと作れません・・・

アーネンエルベに戻りましょう

世界第二次世界大戦 勝つためアーネンエルベのエンジニア達が一所懸命にソ連とアメリカの戦闘機より凄いもの作ろうとしました。このすごいものはUFOです

実際作られた機の数は分からないですが、KGBから漏れた情報によると空中や海の中に動けるやつもありました(南極大陸の近くい発見しました)。

今でも南極大陸にアーネンエルベの秘密裏な軍事基地がある話を耳にします

コメントを残す